第107回 短距離戦線異常アリ!?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第107回 短距離戦線異常アリ!?

2007/1/31(水)

07年最初の古馬による芝短距離重賞のシルクロードSが今週末、京都競馬場で行われる。昨年のこの路線を振り返ると波乱続き。傑出した実力馬が不在の影響からか、重賞レースの勝ち馬がコロコロ替わる状況だった。その傾向は今年も続くのだろうか?

今週は京都競馬場でシルクロードSが行われる。年内最初の古馬芝短距離重賞だが、予想が難しくて頭が痛いのは筆者だけだろうか。同レースが多頭数のハンデ戦ということではなく、この古馬の芝短距離路線そのものが常に混戦という意味である。この路線の実力馬の不在・混戦模様は数年前から見てとれた現象だが、昨年の06年は特に凄かった。いきなりだが、下に示した表1をご覧いただきたい(表の作成・分析は、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用)。

 

■表1 2006年に行われた芝1000〜1400mの重賞(3・4歳以上)の勝ち馬
レース名 勝ち馬 人気 前走成績 コース勝利
阪神C フサイチリシャール 8 JCダート13着 未経験
京阪杯 アンバージャック 4 京洛S1着 京洛S1着
スワンS プリサイスマシーン 14 函館SS9着 未経験
スプリンターズS テイクオーバーターゲット 1 セントウルS2着 未経験
セントウルS シーイズトウショウ 1 キーンランドC2着 CBC賞1着
キーンランドC チアフルスマイル 4 クイーンC5着 500万(牝)1着
北九州記念 コスモフォーチュン 11 疾風特別1着 未勝利1着
アイビスSD サチノスイーティー 7 白河特別1着 未経験
函館スプリントS ビーナスライン 13 フリーウェイS11着 下北半島特別1着
CBC賞 シーイズトウショウ 4 阪神牝馬S6着 03年CBC賞1着
京王杯SC オレハマッテルゼ 3 高松宮記念1着 甲斐駒特別1着
阪神牝馬S ライクンクラフト 1 高松宮記念2着 フィリーズR1着
高松宮記念 オレハマッテルゼ 4 阪急杯3着 未経験
オーシャンS ネイティヴハート 14 スワンS16着 03年オーシャンS1着
阪急杯 ブルーショットガン 11 シルクロードS13着 未経験
シルクロードS タマモホットプレイ 4 淀短距離S9着  

これは昨年行われた芝1000〜1400mの重賞(3・4歳以上)の勝ち馬の一覧である。全部で16レース組まれたわけだが、そのうち2勝以上マークしたのはオレハマッテルゼ(高松宮記念、京王杯SC)とシーイズトウショウ(CBC賞、セントウルS)2頭のみ。この点についてはこの年が特に少ないというわけではないのだが、それよりも注目したいのが勝ち馬の人気。二ケタ番人気(10番人気)以下の馬が5勝もマークしているという点だ。阪急杯のブルーショットガンに始まり、ネイティヴハート(オーシャンS)、ビーナスライン(函館スプリントS)、コスモフォーチュン(北九州記念)、プリサイスマシーン(スワンS)。16レース中5レース、全体の30%弱も単勝で大穴が飛び出した現実は、やはり異常に思える。中には複数のレースをバッチリ的中させたファンの方もいると思うが、おそらく多くのファンがレース後に首をかしげたことだろう。極端に言えば、まともに予想しても当たらないレースばかりだった。しかし、そうやって諦めるのは簡単。一連のレース結果を振り返ることによって見えてくることもあるはずだ。

昨年の古馬の芝短距離路線の勝ち馬をザッと見渡すと、思い浮かぶ好走パターンがいくつかある。
(1)スプリント戦の経験が浅い芝のマイル前後の重賞実績馬の一発
(2)近走不振もコース実績(勝利実績)がある馬が、得意コースでドカン
(3)前走条件戦1着の昇級馬が勢いで快走

穴が出たレースに限ると大体この3つのケースだ。(1)は高松宮記念のオレハマッテルゼ、阪神Cのフサイチリシャールなど。前者は1200mのレースが初めて、後者はマイル〜中距離路線で活躍。そして前走はダートだった。(2)はオーシャンSのネイティヴハート、函館スプリントSのビーナスラインらが代表例。いずれも前走のレースで二ケタ着順(しかも後者は準OP)に大敗しており、加えて前者は休み明け。普通に考えて人気になる方がおかしいし、好走も難しいはずだった。ところが、結果は周知の通り。しかし、ネイティヴハートは重賞昇格前のオーシャンSを勝った実績があり、ビーナスラインは500万クラスだが、函館芝1200mの圧勝実績があった。
また、キーンランドCのチアフルスマイルは(1)と(2)を合わせたようなタイプ。
(3)は京阪杯のアンバージャックやアイビスSDのサチノスイーティー、北九州記念を勝ったコスモフォーチュンも同様のタイプで、加えて過去に未勝利戦だが小倉芝1200mの圧勝実績もあった。

 

■表2 2006年に行われた芝1000〜1400mの重賞(3・4歳以上)の2着馬
レース名 勝ち馬 人気 前走成績 コース勝利
阪神C プリサイスマシーン 6 マイルCS6着 未経験
京阪杯 コパノフウジン 3 福島民友C1着  
スワンS シンボリグラン 8 函館SS5着 葵S1着
スプリンターズS メイショウボーラー 10 セントウルS7着 未経験
セントウルS テイクオーバーターゲット 2 ジュライC7着 未経験
キーンランドC シーイズトウショウ 1 函館SS2着 未経験
北九州記念 ゴールデンキャスト 4 北九州短距離S1着 北九州短距離S1着
アイビスSD マリンフェスタ 3 バーデンバーデンC4着 はやぶさ賞1着
函館スプリントS シーイズトウショウ 1 CBC賞1着 05年函館SS1着
CBC賞 ワイルドシャウト 2 TV愛知OP1着 TV愛知OP1着
京王杯SC インセンティブガイ 5 ダービー卿CT11着 未経験
阪神牝馬S エアメサイア 2 中山記念3着  
高松宮記念 ラインクラフト 2 阪神牝馬S4着 未経験
オーシャンS コパノフウジン 6 シルクロードS4着 市川S1着
阪急杯 コスモシンドラー 3 山城S1着 未経験
シルクロードS マイネルアルビオン 7 サンライズS1着 未経験

続いて昨年の古馬の芝短距離戦の2着馬についても見ていこう(表2参照)。表1に比べて10番人気以下の大穴の好走は少ないが、全体的には波乱含み。1番人気の該当馬は2頭しかなく、決して堅いとは言えない。表1と同じように好走馬の前走成績、コース実績(勝利実績)に注目してみると、やはり同じように上記の(1)〜(3)に該当するようなタイプが多々好走していることがわかる。

 

【結論】

いつもは過去の同レースの結果を元に分析を行ってきたが、今回は別の角度から占ってみた。今年の古馬の芝短距離戦線がどうなるかはわからないが、昨年の全体の傾向を元にシルクロードSを展望してみたい。まずは、今年の出走予定馬は以下の通り(表3参照)。

■表3 今年のシルクロードSの出走予定馬
優先 馬名 斤量 前走成績 コース勝利
2 アンバージャック 57 京阪杯1着 京阪杯1着
3 タマモホットプレイ 57 淀短距離S1着 06年シルクロードS1着
4 ディバインシルバー 55 兵庫GT9着 未経験
5 コスモフォーチュン 53 淀短距離S11着  
6 サチノスイーティー 52 ガーネットS5着 未経験
7 コパノフウジン 56 ガーネットS10着  
8 スピニングノアール 56 尾張S1着  
9 ビーナスライン 54 阪神C8着 未経験
10 タガノバスティーユ 54 淀短距離S8着  
12 コスモシンドラー 55 京都金杯10着  
13 サイキョウワールド 55 サンタクロースS1着  
13 ナリタシークレット 51 淀短距離S10着 三年坂特別1着
16 エイシンボーダン 54 ガーネットS8着  
16 エムオーウイナー 55 新春S1着 新春S1着
18 リキアイタイカン 55 ギャラクシーS16着  
20 ロードマジェスティ 54 東京新聞杯8着 未経験
21 カフェボストニアン 54 ガーネットS7着  
22 アイルラヴァゲイン 56 サンライズS1着  
23 マルカキセキ 57 福島民友C6着 アンドロメダS1着
※フルゲート16頭。(1)プリサイスマシーン、(11)サカラート、(15)ツムジカゼ、(19)サイレンスボーイは出走回避の見込み。マルカキセキはハンデ戦規定(馬齢重量より重い上位3頭に優先出走権)により抽選にて出走の可能性あり。(1/31午前現在)

今週も多くの馬はエントリー。除外ラッシュの中、運良く出走にこぎつけられそうなのは表3の馬たちだ。まずは、前述した(1)のタイプ馬だが、残念ながら見当たらない。単純に別路線組という意味では、ディバインシルバーやエイシンボーダン、ロードマジェスティがいるが、芝のレースそのものでの実績が不足しているので厳しいだろう。

次は(2)のタイプだが、まず過去に京都芝1200mで勝ち鞍がある馬に限るとアンバージャック、タマモホットプレイ、ナリタシークレット、エムオーウイナー、マルカキセキの5頭が該当する。その内、アンバージャック、タマモホットプレイは前走同コースのOPのレースを勝っているので、普通に誰でもマークするはず。ここで声を大にして推奨しなくてもいいだろう。
よって、ここで注目したいのは残りの3頭。ナリタシークレットは前走淀短距離Sで大きく負けている点が微妙だが、ここはあえて注意。エムオーウイナーは前走準OPの新春Sを勝利しており、(3)にも通じる。あとは、もし出走が叶えばマルカキセキ。前走別コースのOPで負け、今回休み明けだが、この手のタイプが怖い。京都芝1200mの通算成績は【1022】と、決して得意とは言えないが、OPのアンドロメダSを勝った実績がある。

最後に(3)の前走準OP以下を勝ち上がったばかりの昇級馬。過去に京都芝1200mを勝ったことがない場合は、むしろ未経験である方が望ましいのでその点が割引材料だが、サイキョウワールドアイルラヴァゲインに注目。

 

■表4 過去5年のシルクロードSの枠順別成績
枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1 0-0-0-9/9 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
2 1-0-0-8/9 11.1% 11.1% 11.1% 1083% 171%
3 0-0-2-8/10 0.0% 0.0% 20.0% 0% 83%
4 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0% 19% 127%
5 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0% 124% 54%
6 2-3-0-5/10 20.0% 50.0% 50.0% 124% 131%
7 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 15%
8 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

最後にシルクロードS特有のデータを一つ紹介。同レースは枠順成績に特徴が出ている。上の表4はハンデ戦に変わった02年以降、過去5年のシルクロードSの枠順別成績。これまで中枠に良績が集中しており、内・外枠が不振。この点も参考にしていただきたい。

 

2006/2/5京都11R シルクロードステークス(G3)
2006/2/5京都11R
  シルクロードステークス(G3)

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN