第95回 出走馬の年齢からアルゼンチン共和国杯の傾向を探る|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第95回 出走馬の年齢からアルゼンチン共和国杯の傾向を探る

2006/11/1(水)

今週の日曜日は東京競馬場でアルゼンチン共和国杯が行われる。難解なハンデ戦の長距離戦。波乱含みで予想は大変に難しい。果して何か傾向はあるのだろうか。攻略の突破口を探っていく。

JRAのGⅠは今週お休み。中央の週末の重賞は、東でアルゼンチン共和国杯、西ではファンタジーSが組まれている。今回は東京競馬場で行われる芝長距離のハンデ戦、アルゼンチン共和国杯の攻略に力を入れてみたい。データは同レースが天皇賞(秋)の翌週に組まれるようになった97年以降の東京開催で行われた計8回を参考。データの分析には、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 アルゼンチン共和国杯出走馬の年齢別成績(中山開催を除く97年以降)
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3歳 1-4-1-11/17
5.9%
29.4%
35.3%
10%
105%
4歳 2-1-3-18/24
8.3%
12.5%
25.0%
45%
78%
5歳 4-3-1-21/29
13.8%
24.1%
27.6%
252%
174%
6歳 1-0-2-25/28
3.6%
3.6%
10.7%
75%
41%
7歳以上 0-0-1-17/18
0.0%
0.0%
5.6%
0%
14%

ハンデ戦なので斤量に関するデータをチェックしたいところだが、とある傾向を示した別のデータを紹介しよう。上の表1は97年以降(02年を除く)、アルゼンチン共和国杯に出走した馬の年齢別の成績一覧。好走馬の大半は3歳から5歳の馬で、6歳以上の馬が不振であることがわかる。最も勝率がいいのが5歳馬で、単複の回収率はともに100%を超えている。3歳馬は勝ち切れない反面、連軸としては優秀。連対率、複勝率が高い。このデータをもとに、次は年齢別に細かく見ていく。

 

■表2 アルゼンチン共和国杯に出走した3歳馬のハンデ別成績
斤量 着別度数 主な該当馬(着順)
49kg以下 0-0-1-1/2 シングンオペラ(3)
49.5-51kg 0-2-0-2/4 テンジンムサシ(2)、スノーエンデバー(2)
51.5-53kg 0-2-0-3/5 ナチュラルナイン(2)、ハッピールック(2)
53.5-55kg 1-0-0-4/5 ニシノドコマデモ(14)、タイキエルドラド(1)
55.5-57kg 0-0-0-1/1 グラスワンダー(6)
57.5-59kg 0-0-0-0/0  
59.5kg以上 0-0-0-0/0  

まずは3歳馬について。3歳馬はハンデ(斤量)を調べることで、傾向が見えてくる。上の表2はアルゼンチン共和国杯に出走した3歳馬のハンデ別成績。3歳馬なのであまり重い斤量を背負わされるケースは少ないが、軽い斤量の馬が良績を残している過去6頭の好走馬のうち、5頭がハンデ53キロ以下。これまでクラシックや重賞などで実績がなく、条件戦から勝ち上がって来た馬がよく来ている。

 

■表3 アルゼンチン共和国杯で好走した4歳馬
着順 人気   前走成績
03年
3
8
エリモシャルマン 比叡S4着
01年
1
2
トウカイオーザ 比叡S1着
2
9
メジロロンザン オクトーバーS2着
00年
1
3
マチカネキンノホシ 毎日王冠8着
3
2
シンコウシングラー 九十九里特別1着
98年
3
2
ダイワオーシュウ オールカマー2着

次は4歳馬について。上の表3は過去の好走馬の一覧。97年以降は6頭いる。ここでは前走成績に注目全馬が秋に一度使われており、00年1着のマチカネキンノホシ以外はそこで良績を残していた。そのマチカネキンノホシにしても、同年の目黒記念で2着に好走。実績、勢いどちらかの裏付けがしっかりあった。表1の4歳馬の回収率が低い理由にも関係していそうだ。当日の人気通りの評価でいいのかもしれない。

 

■表4 アルゼンチン共和国杯で好走した5歳馬
着順 人気 馬名 同年の重賞実績 前年の重賞実績
05年
1
3
サクラセンチュリー 日経新春杯1着  
2
14
マーブルチーフ 日経新春杯2着  
04年
1
2
レニングラード 京都大賞典3着  
00年
3
12
サンデーセイラ   七夕賞1着
99年
1
7
マーベラスタイマー 日経新春杯4着  
2
10
マリアジュダムール    
98年
1
12
ユーセイトップラン ダイヤモンドS1着  
2
10
エーピーランド   ステイヤーズS3着

次は5歳馬について。上の表4は過去の5歳の好走馬。ここで注目なのは過去の重賞実績だ8頭中5頭は同年に芝2400m以上の重賞で好走経験があった。昨年14番人気で2着に好走したマーブルチーフは同年の日経新春杯で2着。ユーセイトップランは宝塚記念以来の休み明けだったが激走した。特にこの秋の京都大賞典は好ステップ。日経新春杯を含め、京都芝2400mの重賞でいい競馬をしたことがある馬に注意したい。残り3頭のうちの2頭、サンデーセイラとエーピーランドも前年に重賞で好走。5歳馬は重賞実績が問われる傾向にある。

 

■表5 アルゼンチン共和国杯で好走した6歳以上の馬
着順 人気 馬名 G2以上の実績
05年
3
2
コイントス 京都大賞典2着
04年
3
3
スーパージーン オールカマー2着
03年
1
7
アクティブバイオ 日経賞1着
97年
3
4
サージュウェルズ  

最後に6歳以上の馬について。上の表5の通り、97年以降は4頭が該当する。確率が悪いところなのでピンポイントで狙うのは難しいが、注目すべきなのは芝中距離以上のGⅡ以上の実績。サージュウェルズを除く3頭には、過去に芝のGⅡ以上での連対実績があった。

 

【結論】

それでは今年のアルゼンチン共和国杯を占っていこう。出走予定馬は下の表6の通り。

■表6 今年のアルゼンチン共和国杯の出走予定馬
馬名 年齢 斤量 前走成績 備考
アドバンテージ
3
50
南武特別1着  
トウカイトリック
4
56
目黒記念7着  
メジロコルセア
4
53
札幌日経OP8着  
メジロトンキニーズ
4
51
目黒記念9着  
チェストウイング
5
54
オクトーバーS1着  
トウショウナイト
5
57.5
京都大賞典3着  
ドラゴンキャプテン
5
51
本栖湖特別1着  
トレオウオブキング
5
51
オクトーバーS3着  
アイポッパー
6
58
京都大賞典6着 目黒記念2着
ウインジェネラーレ
6
57
オールカマー6着 04年日経賞1着
スズジャパン
6
53
ブリリアントS4着  
ルーベンスメモリー
6
55
札幌日経OP5着  
グラスポジション
7
54
オールカマー12着 04年ステイヤーズS2着
ブリットレーン
7
53
札幌日経OP3着  
※アルファフォーレス、スズノマーチ、マチカネウマジルシは出走回避の見込み。ゴーウィズウインドは出否未定(11/1午前現在)。

まず3歳馬だが今年はアドバンテージ1頭。前走1000万クラスの南武特別を勝っての参戦で、ハンデはメンバー中最軽量の50キロ。これまで重賞の出走経験すらない明らかな格下馬だが、3歳馬はこの手のタイプの方が怖い。4歳勢は低調の雰囲気。3頭のうち2頭が今年の目黒記念以来の休み明け。トウカイトリックとメジロトンキニーズは今年のダイヤモンドSで好走しているが、久々の実戦なのでここでは推奨できない。

これまで良績を残している5歳勢は、トウショウナイトチェストウイングに注目。トウショウナイトはなんと言っても前走京都大賞典で3着の実績が大きい。東京芝コースはこれまで実績はあまりないが、調子を上げてきている。チェストウイングは重賞実績がないが、前走準OPクラスのオクトーバーSで1着。条件は100mが違うが、99年2着のマリアジュダムールが同じレースを勝って好走を果しており、ここは警戒したい。

 

6歳以上の馬は不振だが、過去にGⅡで連対実績があるのが3頭。アイポッパーは今年の目黒記念で2着。ウインジェネラーレは04年の日経賞でゼンノロブロイを撃破。超久々の実戦だった前走のオールカマーは6着だったが、見せ場があった。グラスポジションは04年のステイヤーズSで2着。余裕があれば連下候補として。

 

2006/09/03(日) 札幌9R 札幌日経オープン 1着 8番 トウショウナイト 2006/10/15(日) 東京10R オクトーバーステークス 1着 4番 チェストウイング
2006/09/03(日) 札幌9R
札幌日経オープン
1着 8番 トウショウナイト
2006/10/15(日) 東京10R
オクトーバーステークス
1着 4番 チェストウイング

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN