第57回 長距離戦は騎手で買え!?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第57回 長距離戦は騎手で買え!?

2006/2/8(水)

競馬の世界には昔から「長距離戦は騎手で買え」という格言がある。微妙な駆け引きが要求される長丁場の道中では、騎手の技量が非常に重要になるというわけだ。データから見えてくる長距離戦における騎手の狙い方とは?

今週は東京競馬場でダイヤモンドSが行われる。04年から従来の距離より200m延長された芝3400mで施行。平地のレースでは、年末のステイヤーズSに次いで長い距離で行われる。競馬の世界には「長距離は騎手で買え」という格言がある。道中の若干のロスは、短距離に比べて致命的なミスにはなりにくいももの、騎手が色々乗り方を工夫できる時間的なゆとりがある。折り合い、位置取り、仕掛け所…長距離戦は騎手の技量差が出やすいレースなのかもしれない。

そこで過去のデータを元に、長距離戦における騎手別成績を調べてみた。長距離戦の定義は曖昧な点があるのだが、ここでは2500m以上のレースを対象とした。データの調査はJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 1000万クラス以上の芝2500m以上における騎手別成績(96年以降)(1)
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
武豊 26-15-11-49/101 25.7% 40.6% 51.5% 68% 75%
蛯名正義 23-14-17-92/146 15.8% 25.3% 37.0% 138% 82%
横山典弘 18-17-16-83/134 13.4% 26.1% 38.1% 112% 93%
後藤浩輝 14-7-6/73/100 14.0% 21.0% 27.0% 121% 73%
松永幹夫 11-4-11-73/99 11.1% 15.2% 26.3% 82% 51%
和田竜二 10-6-3-50/69 14.5% 23.2% 27.5% 190% 110%
ペリエ 9-2-4-16/31 29.0% 35.5% 48.4% 150% 88%
菊沢隆徳 8-0-3-47/58 13.8% 13.8% 19.0% 400% 61%
小原義之 7-7-1-44/59 11.9% 23.7% 25.4% 365% 120%
安田康彦 6-6-5-30/47 12.8% 25.5% 36.2% 80% 128%
小林淳一 6-4-3-37/50 12.0% 20.0% 26.0% 187% 86%
デムーロ 6-2-4-14/26 23.1% 30.8% 46.2% 61% 65%
渡辺薫彦 6-0-4-26/36 16.7% 16.7% 27.8% 113% 41%
角田晃一 5-4-4-42/53 9.4% 15.1% 20.8% 140% 63%
芹沢純一 5-3-2-43/53 9.4% 15.1% 18.9% 106% 70%
本田優 4-4-2-34/44 9.1% 18.2% 22.7% 157% 118%
バルジュ 4-3-2-10/19 21.1% 36.8% 47.4% 54% 75%

上の表1は96年以降、1000万クラス以上の芝2500m以上の騎手別成績の一部。基本的には勝ち鞍が多い順に騎手を並べているが、それに加えて着別度数によって分類を行っている。1〜3着の数に注目し、そのうち1着の数が最も多い主な騎手を記載している。

まずは、日本のNo.1ジョッキー武豊騎手。長距離戦においても例外はなく、日本で一番勝っている。連対率・複勝率も高く、長距離戦に出てくれば2回に1回は馬券になっている。ただし、回収率は低め。実力・人気のある馬を乗った時は、キッチリ仕事をしているが、穴馬を上位に持ってきているケースはほとんどない(人気薄の騎乗機会自体が少ないのだが)。武豊騎手の騎乗技術の高さは疑う余地はないと思うが、データから長距離戦が抜群に上手いとまでは言いにくい。

勝利数2位の蛯名正義騎手、3位の横山典弘騎手も好走した時は、1着になることが最も多い騎手。しかも両騎手ともに単勝回収率が100%を超えている。全レースを含めたリーディングの上位にいるだけの力を示してると言えるだろう。
意外なところでは和田竜二騎手の名前が目立つ。10勝のうち4勝がテイエムオペラオーによるものだが、単・複の回収率がともに100%を超えている。つまりは、他に人気薄での好走が多いわけだ。結果は2着だったが、昨年の天皇賞(春)で14番人気のビッグゴールドを持ってきたのは記憶に新しい。隠れた長距離の一発屋として覚えておきたい。

 

■表2 1000万クラス以上の芝2500m以上における騎手別成績(96年以降)(2)
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
柴田善臣 10-19-13-78/120 8.3% 24.2% 35.0% 112% 81%
四位洋文 10-15-12-72/109 9.2% 22.9% 33.9% 34% 63%
佐藤哲三 7-11-9-44/71 9.9% 25.4% 38.0% 98% 108%
熊沢重文 6-13-10-56/85 7.1% 22.4% 34.1% 71% 105%
田中勝春 6-12-10-90/118 5.1% 15.3% 23.7% 19% 88%
江田照男 6-8-6-64/84 7.1% 16.7% 23.8% 459% 165%
幸英明 4-6-3-51/64 6.3% 15.6% 20.3% 88% 61%
木幡初広 4-6-2-38/50 8.0% 20.0% 24.0% 103% 97%
安藤勝己 4-5-5-29/43 9.3% 20.9% 32.6% 158% 94%
池添謙一 3-8-5-34/50 6.0% 22.0% 32.0% 99% 116%
武士沢友治 3-6-2-16/27 11.1% 33.3% 40.7% 99% 197%
福永祐一 3-5-5-79/92 3.3% 8.7% 14.1% 39% 39%
勝浦正樹 2-7-6-51/66 3.0% 13.6% 22.7% 13% 90%

次の表2は表1と同様の条件で、好走時に2着の数が最も多い騎手を並べたものだ。関東のトップジョッキーである柴田善臣騎手は、長距離戦では2着を量産しているのが特徴。2着の数が1着の倍近くあり、詰めの甘さが目立つ。ただし、単勝の回収率は112%あるので場合によっては頭からも狙える。後述することになるが、特に東京の長距離重賞で実績を残している。

四位洋文騎手は、柴田善臣騎手と勝ち鞍は同じだが内容がイマイチ。回収率が低く、長距離ではあまり美味しい馬券は狙えない。96年以降、重賞勝ちもない。

もっと深刻なのが福永祐一騎手。ここ数年でグングン勝ち鞍を伸ばし、関西のリーディングのトップクラスに名を連ねるようになったが、長距離戦の勝ち鞍はわずか3勝。2、3着の数も少なく、全体の成績に比べて圧倒的に悪いことがわかる。昨年の天皇賞(春)のリンカーンをはじめ、1番人気を頻繁に着外に飛ばしている。長距離戦は苦手なのかも?

 

■表3 1000万クラス以上の芝2500m以上における騎手別成績(96年以降)(3)
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
藤田伸二 16-19-22-74/131 12.2% 26.7% 43.5% 54% 88%
吉田豊 7-4-12-94/117 6.0% 9.4% 19.7% 36% 59%
武幸四郎 4-5-7-46/62 6.5% 14.5% 25.8% 81% 86%
中舘英二 1-9-12-51/73 1.4% 13.7% 30.1% 8% 100%
北村宏司 0-0-3-45/48 0.0% 0.0% 6.3% 0% 11%

表3も表1〜2と同じ流れ。好走時に3着の数が最も多い主な騎手だ。リーディング上位騎手の中では、藤田伸二騎手が該当。勝ち鞍こそ多いものの、実は詰めが甘い。複勝率が43.5%という数字は立派なものだが、馬券の買い方に気をつけたいところだ。

中舘英二騎手は1000万クラス以上の長距離戦では恐ろしく偏った成績。好走する時は、ほぼ2、3着なのだ。
意外だったのが北村宏司騎手。連対経験が一度もなく、3着が2回あるだけ。着外45回という散々な成績だ。これまで上位人気馬の騎乗機会が少ない事実もあるのだが、それにしても他のレース成績とギャップがありすぎる。

 

■表4 1000万クラス以上の東京芝2500m以上の騎手別成績(96年以降)
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
柴田善臣 5-1-2-16/24 20.8% 25.0% 33.3% 206% 86%
佐藤哲三 3-1-0-1/5 60.0% 80.0% 80.0% 1138% 356%
蛯名正義 2-2-1-18/23 8.7% 17.4% 21.7% 47% 40%
田中勝春 2-2-1-17/22 9.1% 18.2% 22.7% 52% 233%
後藤浩輝 2-1-2-15/20 10.0% 15.0% 25.0% 139% 86%
ペリエ 2-0-0-4/6 33.3% 33.3% 33.0% 183% 61%
松岡正海 1-1-0-0/2 50.0% 100.0% 100.0% 1790% 490%
横山典弘 1-0-2-21/24 4.2% 4.2% 12.5% 18% 26%
菊沢隆徳 1-0-0-8/9 11.1% 11.1% 11.1% 93% 25%
武豊 1-0-0-3/4 25.0% 25.0% 25.0% 70% 32%
武幸四郎 1-0-0-5/6 16.7% 16.7% 16.7% 351% 103%
藤田伸二 0-3-1-6/10 0.0% 30.0% 40.0% 0% 88%
吉田豊 0-1-1-18/20 0.0% 5.0% 10.0% 0% 38%

最後に表4は東京芝2500m以上の騎手別成績。1000万クラス以上の東京芝コースの長距離戦は、実はほとんどが重賞。つまり目黒記念、アルゼンチン共和国杯、そして今回のダイヤモンドSの過去の傾向だ。
前述したように、東京の長距離重賞は柴田善臣騎手が5勝でトップ。佐藤哲三騎手は5回の参戦で4回馬券になるという、驚異的な相性の良さ。
逆に横山典弘騎手は、東京だと不振。いろいろ工夫を凝らし、作戦を立てて乗る騎手なので、小回りコースの方が小細工がしやすいのかもしれない。武豊騎手は、参戦機会自体がとても少ない。

 

1996年ダイヤモンドS 優勝騎手:柴田善臣騎手
2000年ダイヤモンドS 優勝騎手:後藤浩輝騎手

【結論】

一般的に長距離戦と言われる2500m以上のレースでの騎手別成績を調べると、いろいろな発見がある。通常のリーディングジョッキーの顔ぶれと若干違う面があったり、競走成績の内容から騎手の特徴が伺える。

例えば、近年リーディング上位の常連になっている福永祐一騎手だが、長距離戦においては意外なまでに結果を残していない。柴田善臣騎手、四位洋文騎手は2着が多い、また藤田伸二騎手は3着が多い。

そしてきっちり勝ち星を積み上げている武豊騎手、蛯名正義騎手、横山典弘騎手などは、近年の天皇賞(春)や菊花賞で勝利を収めたりと、長距離戦で目立った活躍をしている。後藤浩輝騎手(サンライズジェガー)、和田竜二騎手(ビッグゴールド)なども、天皇賞(春)で人気薄の馬を好走させたりしている。

個々の競走馬の能力差の問題もあり、これだけを持って騎手の技量の巧拙を言うわけにはいかないが、ある程度の傾向は読み取れる。「長距離戦、“迷ったら”騎手で買え!」ぐらいは、言ってもいいだろうか。頭の片隅にでも留めておいていただきたい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN