第26回 夏も競馬はおもしろい!夏競馬の楽しみの一つ“降級馬”...|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第26回 夏も競馬はおもしろい!夏競馬の楽しみの一つ“降級馬”について検証する。

2005/7/2(土)

夏競馬の間は一旦競馬を休憩するというファンも多いらしい。しかし、夏競馬には夏競馬なりの魅力、例えば2歳新馬戦デビューとか、3歳馬と古馬との対決とか、ローカル競馬場での開催とか、薄暮競馬といった魅力や楽しみ方がある。今回は夏競馬の楽しみの一つ”降級馬”について検証してみた。

宝塚記念G1が終わるといよいよ夏競馬という雰囲気がしてくる。まぁ実際は先々週の2回福島開催から夏競馬はスタートしているのだが・・・。これからしばらくの間G1レースは全くなく、G1クラスの競走馬達は放牧など休養を取ることが多く、そのためスター馬不在の競馬番組が続くことになる。そのせいもあってかこの夏競馬の間は一旦競馬を休憩するというファンも多いらしい。しかし、夏競馬には夏競馬なりの魅力、例えば2歳馬デビューとか、3歳馬と古馬との対決とか、ローカル競馬場での開催とか、薄暮競馬といった魅力や楽しみ方がある。

今回はその中でも、この時期行われるクラス移動いわゆる“降級馬”について検証したいと思う。(調査については、JRA-VAN Data Lab.TARGET を使用)
最強競馬ソフトTARGETの作者である久根崎氏のブログでも降級馬について詳しく書かれているので参考にしてほしい。(2005年06月24日の記事を参照

競馬に詳しい方には当たり前のことかもしれないが、まずは降級馬についてその概念を確認しておこう。
競馬のレースには未勝利、500万以下、1000万以下、1600万以下、オープンといったクラスがあり、馬の年齢と収得賞金の額によって分けられている。基本的には、ひとつ勝つごとに上のクラスヘステップアップする仕組みだ。原則としては1月から6月中旬(春番組)までは3歳馬だけのレースと4歳以上の馬のレースの2本立てとなっており、それ以後(夏番組から)は2歳馬のデビュー戦が始まり、2歳馬だけのレースと3歳馬と4歳以上の馬と一緒に出走するレースの2本立てとなる。この切り替わりの際に以下の表に基づいたクラス移動が行われ、4歳馬は降級することがある。

 

■収得賞金によるクラス分け
 
年齢
春番組:4歳 春番組:5歳以上
夏番組:3歳馬 夏番組:4歳以上



500万円以下 500万円以下 1000万円以下
1000万円以下 501万円〜1000万円 1001万円〜2000万円
1600万円以下 1001万円〜1600万円 2001万円〜3200万円
オープン 1600万円超 3200万円超

例えば、収得賞金が501万〜1000万の4歳馬はそれまでの1000万下から500万下へ降級といった具合だ。中にはオープンクラス(1600万〜2000万)から1000万下へと2段階降級する4歳馬もある。2段階降級馬を今年の4歳馬で一部例を挙げるなら、フィーユドゥレーヴ、カリプソパンチ、アポインテッドデイ、アドマイヤビッグ、インゴット、メテオバーストなどがあたる。今開催には2段階降級馬のうち、土曜にナイストップボーイが、日曜には、アドマイヤビッグがそれぞれ1000万下条件で出走する。カリプソパンチも今週出走するが、こちらは函館スプリントS(G3)に格上挑戦のようだ。

こうしたクラス移動が行われ、この時期の各条件戦は大きく分けて以下の勢力に分類することができ、これらの競走馬が一緒に同じレースを走ることになる。

A.条件戦に加わった3歳馬
B.降級馬した4歳馬
C.クラス移動のなかった現級馬(5歳以上の馬と収得賞金3200万強≠オープン1勝以上の4歳馬)

これらの分類した勢力の力関係を整理すると、B.降級馬とC.現級馬のでは単純にB.降級馬に分があるのではないか?。もともとB.降級馬勢力は春番組以前は現C.現級馬の勢力の上のクラスの競走馬を相手にレースしていたのであって、単純に相手のレベルが落ちたと言える。
A.3歳馬勢力の評価は難しい。一部の競走馬には早熟で古馬相手に力を発揮できるものもあるかも知れないが、全体的に見ればまだまだ成長の過程で成熟した古馬相手では分が悪いのではないか?

 

■2002年から2004年までの過去3年の夏競馬の条件戦勝ち馬の馬齢を調べてみた。
条件
馬齢
着度数
勝率
連対率
複勝率
500万下 3歳
274
287
277
3428
6.4%
13.2%
19.6%
4歳
527
497
513
4729
8.4%
16.3%
24.5%
5歳〜
163
180
174
2305
5.8%
12.2%
18.3%
1000万下 3歳
47
44
49
427
8.3%
16.0%
24.7%
4歳
132
120
109
652
13.0%
24.9%
35.6%
5歳〜
132
150
152
2083
5.2%
11.2%
17.2%
1600万下 3歳
0
3
0
19
0.0%
13.6%
13.6%
4歳
18
8
8
43
23.4%
33.8%
44.2%
5歳〜
20
27
30
256
6.0%
14.1%
23.1%
合計 3歳
321
334
326
3874
6.6%
13.5%
20.2%
4歳
677
625
630
5424
9.2%
17.7%
26.3%
5歳〜
315
357
356
4644
5.6%
11.8%
18.1%

※ 条件戦を絞り込んだので、馬齢をのみ考慮する。この表でいう4歳馬=降級馬、5歳以上=現級馬となっている。

やはり、この時期は圧倒的に降級馬に分があるようだ。
またどうやら3歳馬については、先に立てた仮説は真逆で3歳馬と現級馬とを比べた場合は、3歳馬に分があるようだ。(500万下、1000万下クラスではそこそこのデータサンプル量があるものの、1600万下になると3歳馬参戦のデータサンプルが少なく、傾向を掴むとまでは言い切れない)

整理すると、
B.降級馬した4歳馬 > A.条件戦に加わった3歳馬 >C.クラス移動のなかった現級馬
となるようだ。

と、今回のテーマは知っている方は知っている、一般的に言われていることだったのだが、やはりデータ使って検証すると納得できるものがある。特に3歳馬と現級馬の比較については、私はどこか腑に落ちない気がしていたのだ。
夏競馬の楽しみ方の一つとして参考にしてもらいたい。

担当:藤倉祐樹

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN