ドバイワールドカップ特集

 

現地情報

photo
ドバイに着いてからは2頭で併せ馬を行っているアドマイヤオーラ(左)とイイデケンシン。

3月25日(火)

アドマイヤオーラとイイデケンシン、連日の併せ馬

イイデケンシンとアドマイヤオーラはドバイ到着以来、連日に渡って2頭で併せ馬による調整を行っている。両馬共に26日に併せ馬での最終追い切りを慣行する予定だが、25日も2頭が馬体を並べてナド・アル・シバのダートコースを駆け抜けていった。

アドマイヤオーラの松田博調教師は「久々に見たけれど、いつもと一緒で変わらないね」と控えめなコメント。これは当然、いつもと変わらず順調にきているという意味合いだろう。

イイデケンシン陣営からは「ドバイに来てからの方が調子いいです。精神的にもベスト。手の掛からない馬なのでやりやすい。土曜日もアドマイヤオーラと併せて追い切ったのですが、明日もオーラと共に最終追い切りです。6ハロンから15−15、3ハロンからは直線をフルに使ってビシッと追う予定です」と明らかにしていた。

[Text&Photo by Kazuhiro Kuramoto]