ドバイワールドカップ特集

 

速報・関係者コメント

photo
異次元のパフォーマンスで世界一の実力を見せつけたカーリン。(photo by Kazuhiro Kuramoto)

ドバイWC

カーリン圧勝、これが世界最強の力だ!

ドバイWC(ダート2000m)は現地時間29日、UAEドバイのナド・アル・シバ競馬場で行われ、大本命のカーリンが好位追走から直線独走。後続を大きく引き離して世界最強の実力をまざまざと見せつけ、圧巻のゴールを決めた。勝ち時計は2分0秒15。2着には昨年のUAE3冠馬エイジアティックボーイで着差は7馬身3/4。昨年の雪辱を期したヴァーミリアン(石坂正厩舎)は序盤から流れに乗れず、中間点を迎える前に集団から脱落して最下位に惨敗した。

photo
大きな見せ場を作ったウオッカだが、あと一歩及ばなかった。(photo by Kazuhiro Kuramoto)

ドバイDF

南アの伏兵ジェイペグがレコードV

ドバイ・デューティ・フリー(芝1777m)は現地時間29日、UAEドバイのナド・アル・シバ競馬場で行われ、南アフリカから参戦したジェイペグ(H.ブラウン厩舎)が優勝した。勝ち時計の1分46秒20はコースレコード。2着はフランスのダルジナで着差は1/2馬身。日本のウオッカ(角居勝彦厩舎)は好位から伸び切れず勝ち馬から2馬身余り後れた4着、アドマイヤオーラ(松田博資厩舎)は後方から見せ場なく約4馬身差の9着に終わった。

photo
イイデケンシンは果敢に先手を打って出たが、直線半ばで完全に手ごたえを失った。(photo by Kazuhiro Kuramoto)

UAEダービー

オナーデヴィルが2冠達成

UAEダービー(ダート1800m)は現地時間29日、UAEドバイのナド・アル・シバ競馬場で行われ、UAE2000ギニーの勝ち馬オナーデヴィルが直線で力強く抜け出し優勝。2冠を達成した。勝ち時計は1分48秒60。2着もライバル関係にある僚馬ロイヤルヴィンテージで着差は4馬身1/4。日本から参戦したイイデケンシン(昆貢厩舎)は、果敢に逃げたが直線早々に失速し、出走10頭中の8着(2頭が取り消し)に終わった。