ドバイワールドカップ特集

 

いざ世界の頂点へ!日本馬が挑む

ヴァーミリアン |  ウオッカ・アドマイヤオーラ |  イイデケンシン |  ドバイWC外国馬 |  ドバイDF外国馬 |  UAEダービー外国馬

photo
実力発揮なら勝利は目前。(2007年日本ダービー photo by Kazuhiro Kuramoto)

ドバイDF

ウオッカ Vodka 牝4 角居勝彦厩舎 「実力は世界レベル、再生の閃光を放つ可能性は十分」

(父:タニノギムレット 母:タニノシスター 母の父:ルション)
主なタイトル…07日本ダービー、06阪神ジュベナイルフィリーズ

昨年の日本ダービーを、牝馬として64年ぶりに制し、一大センセーションを巻き起こしてから、1年近い歳月が流れようとしている。しかし、ここまで未勝利。ダービーでの圧倒的なパフォーマンスを目にした者からすれば、信じられないような結果が続いている。

ただし、3歳牝馬であることよりも、ダービー馬であることを優先したウオッカの歩みは、もっと評価されていい。ダービー後は間髪入れず宝塚記念に挑戦、秋にはジャパンC、有馬記念と古馬の最高峰に挑み続けた。歴代のダービー馬でも、ここまで果敢なチャレンジをした馬はいない。

満足な状態で走れたのはジャパンCだけ。先行有利の流れを最後方から追い上げ、大きな見せ場を作った。追い詰めた相手は、昨年のドバイDFを圧勝したアドマイヤムーン。このレースに向け、すでにメドは立てている。

課題は同期のライバル・ダイワスカーレットに後れを取る原因となった折り合い。前走の京都記念も、鞍上が恐る恐る乗っているうちに機を逃してしまった感がある。“ガス抜き”を終えたとはいえ、初の海外遠征で平常心を保てるか判然としない。距離が1777mに短縮されるものの、ドバイの芝レースは折り合い重視の一団が定番。日本の1800m戦ほど速いペースにはなりにくい。また、密集した馬群の中でのレース経験がないウオッカにとって、揉まれた際の不安も残る。そうかと言って外を回すわけにもいかないコース。乗り方が難しい。

そこで、鞍上に迎えた武豊騎手の手綱捌きに期待が集まる。通算3勝とドバイを知り尽くし、このドバイDFに連覇を賭ける天才のエスコートは心強い。世界でも屈指の爆発力が引き出されたとき、砂漠に勝利の美酒が降り注ぐ。

photo
直線勝負は望むところ。(2007年弥生賞 photo by Kazuhiro Kuramoto)

アドマイヤオーラ Admire Aura 牡4 松田博資厩舎 「先輩ムーンに続け! 連覇を狙うアドマイヤ軍団の若大将」

(父:アグネスタキオン 母:ビワハイジ 母の父:Caerleon)
主なタイトル…08京都記念、07弥生賞、07シンザン記念

骨折癒え、復帰3戦目の前走・京都記念で完全復活を遂げたアドマイヤオーラ。この勝利がモノを言ってドバイDFに追加選出された。

昨年のドバイDFは厩舎、オーナーが同じアドマイヤムーンの圧勝劇で幕。先輩にとって初のGI制覇が、やがて40億円オファーを呼び込む大勝利だった。今回勝てばオーラもGI初勝利。オーナー、厩舎、GI未勝利…両馬の間には、ここに至るまで共通点が多い。それが何かを予感させまいか。

1年前の今ごろ、アドマイヤオーラは弥生賞を快勝し、押しも押されぬクラシック候補として、本番を待つばかりだった。迎えた皐月賞では1番人気に支持され、下馬評は栄光に最短。しかし、レースでは末脚不発の4着に終わってしまう。実はこれ、さらに1年前に、アドマイヤムーンが通った道と何から何まで重なっている。両馬は続くダービーも完敗。オーラはレース中の骨折が原因で秋を棒に振り、ムーンは古馬中距離戦線に打ってでるも、あと一歩及ばず無冠のまま3歳のシーズンを終えた。

順調に使われ、戦いの中で力をつけていった先輩ムーンと、ケガで休養を余儀なくされた後輩オーラとでは、秋の過ごし方こそ異なる。ところが年が明け、春の足音が聞こえるころになると、2頭の歩みは再び不思議な一致を見せる。既にドバイへの切符を手にしていたムーンは、壮行レースの京都記念をド迫力の末脚で完勝。堂々と海を渡って念願のビッグタイトルを手にすることになる。一方、オーラも京都記念に参戦。ここで他馬に並ぶ間も与えぬ差し切り勝ちを演じ、復活を遂げると共に、ドバイ行きの切符を手に入れた。

ドバイでは、海外の強豪もさることながら、同期のウオッカが最大のライバルとなる。ダービーで一蹴された女王には、京都記念で借りを返して対戦成績は五分。カミソリのアドマイヤオーラとナタのウオッカ、持ち味を遺憾なく発揮した方が勝利に近づくはずだ。