ドバイワールドカップ特集

 

須田鷹雄のドバイミーティング展望と回顧

photo
カーリンは強いが、昨年以上の走りで2番手グループは確保したいヴァーミリアン。(2007年ドバイWC photo by Kazuhiro Kuramoto)

目前に迫ってきたドバイ・ワールド・カップ・ミーティング。今回は日本調教馬の出走するレースを中心に、その展望を行っていこう。

まずはヴァーミリアンの出走するドバイ・ワールド・カップ。ここには圧倒的な主役がいる。カーリンだ。

ドバイ・ワールド・カップの歴史は「アメリカか、UAEか」の二択の歴史であったが、今年は前者の年だろう。例年、アメリカ勢にとって唯一のリスクというのは馬場適性だが、カーリンの場合は前走で酷量を克服し、そのリスクを高い次元でクリアしている。既にブックメーカーのオッズでも一本かぶりになっているようだが、それも当然だ。

当面の敵と言われているのがジャリル、ハッピーボーイ、エイジアティックボーイといったところだが、この中ではマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド1の勝ち方が派手だったハッピーボーイを支持したい。当時2着だったグロリアデカンペオを物差しにすると、かなりやれる計算になる。

エイジアティックボーイはUAEダービーでの圧勝ぶりを考えるとツボにはまったときの破壊力が魅力だが、前走を取りこぼしたことと、距離が若干長い点が気になる。

注目のヴァーミリアンはブックメーカーの人気ではこれらの馬とプレミアムタップに次ぐ評価。昨年の4着が決して良い内容のものではないだけに評価は甘んじて受けいれなくてはならないが、今年は充実度を高めているだけに、人気以上の走りを期待したいところ。カーリンを負かすとなるとさすがに大変そうだが、2番手グループにはしっかり食い込みたいところだ。反対に、安定味勝負のエーピーアローやグロリアデカンペオ、ピークを過ぎた感のあるプレミアムタップあたりにはきっちり先着してほしい。

続いて、ウオッカとアドマイヤオーラが出走するドバイ・デューティ・フリー。名勝負、印象的なレースになることが多い競走だけに、今年もその上位に日本馬が地位を占めてほしいと思う。

ただ、上位に入ることは決して簡単ではない。DWCにおけるカーリンのような絶対的存在は居ないのだが、それなりに力のある馬が数多くいるメンバー構成だからだ。

とりあえず、仮の主役を決めるとすればホスト側ということも含めてラモンティだろう。水が合うというのか、移籍後は好調が続いており、香港カップでもしぶといところを見せてくれた。

しかし、今回は中間に順調さを欠いて回避のニュースも流れたほど。日本の2頭には十分付け入る隙がある。

個人的には同じゴドルフィン勢でもクレカドールの方が今回は崩れないと思う。ただ、同馬は詰めが甘いというか惜敗の多いタイプ。1着を取るということではそれほど怖い相手ではない。

反対に、大敗の可能性も高いが大駈けの怖さもあるのがオーストラリアのニコネロ。アジアン・マイル・チャレンジ1戦目のフューチュリティSを制し、2戦目のここへ向けてモチベーションだけは高いはずだ。

格の面ではGIを3勝しているダルジナが怖い存在。キャリアの全てがマイル戦という馬だが、1777mも大きなリスクではない。

日本の2頭は、これらの馬たちとならぶ優勝候補・上位候補というのが平等な見立てだろう。

ウオッカはベストパフォーマンスの高さが魅力である一方、近走内容がご存知の通りの苦戦続き。距離短縮で折り合いが付きやすくなり、その一方でこの馬向きの瞬発力勝負になることが理想。

アドマイヤオーラは対照的に、大崩れのないところが持ち味。今回1着を取るためにはある程度積極的な位置取りが必要になるものと思われるが、あとはその位置からどれだけの上がりを繰り出せるかだ。

単純に出走馬が2頭いるというところを含めて今回日本調教馬が走る3レースではこれが一番チャンスあり。タイプの違う2頭だけに、どちらかが生きる展開になってほしい。

イイデケンシンが出走を予定しているUAEダービーは、マイク・デ・コック厩舎の2頭、オナーデビルとロイヤルヴィンテージが強そうだ。前走アルバスタキヤではロイヤルヴィンテージが先着したが、両者はまさに互角。ワンツーフィニッシュの可能性が高い。

迎え撃つゴドルフィン勢は4頭が出走しているが、牡馬3頭がデコック2騎を逆転することは難しそう。チャンスがあるのはむしろここ2戦を圧勝してきているココアビーチか。ただし、本番では対牡馬戦の厳しさに泣く可能性も高い。

イイデケンシンには、デ・コック厩舎の2頭が強いとしても3着を期待したいところ。若干高めの基準設定だが、無謀な目標というわけでもない。

最後に、残ったGIレース2レースについて一言ずつ。

ドバイ・シーマ・クラシックは昨年も出走していた馬が4頭出走。ただ、昨年2着のオラクルウエストは人気薄での激走だったし、後に凱旋門賞で2着したヤムゼインはその時以来の休み明け。それよりは、東アジア贔屓も込みでビバパタカを推したい。香港馬には珍しく2400mもどんと来いというタイプだ。

ゴールデン・シャヒーンは前走が大楽勝だったダイアボリカルが主役。BCスプリント2着のイディオットプルーフも、直線レースでの適性しだいで浮上。あとはベニーザブルまでの三つ巴。

(この原稿は3月19日に主催者から発表された仮メンバーを基準に執筆されたものです。)