JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

第30回 2016年作者懇談会レビュー

〜第11回 JRA-VAN Data Lab.競馬ソフト作者懇談会〜
作者懇談会写真
2016年8月20日、「第11回 JRA-VAN DataLab.競馬ソフト作者懇談会」が行われた。11回目を迎えた今回は初めて、真夏の小倉競馬場での開催となった、この懇談会の模様をお伝えしたい。

競馬ソフト作者懇談会(2016/8)

みなさんとの歓談の様子(2)−競馬ソフト作者になって良かったことは?

懇談会写真14

 さて今回は、冒頭にも触れた通り、みなさんには「競馬ソフト作者になって良かったこと」もお聞きした。「OZTAN13」のじゃばさんは、ズバリ「ここに呼んでもらえるかもしれないこと!」。そして「オッズ自動取込分析 Odds JV Auto2」のまいとん倶楽部さんは「素敵な女性(津田さん)に会える!」。なにより毎年この場を楽しんで下さっているそうで、ありがたいかぎりである。

 また「夢馬券パラダイスDataLab」の森戸浩さんは「自分の作ったソフトで儲かるのが一番」と。ソフトを公開することでさまざまなメリットもあるだろうが、そもそもの出発点は「競馬ソフトで当てたい、儲けたい」だった、という方も多いだろう。

懇談会写真15

 そういった「自分の作ったソフトで儲ける」という夢をまさに実現されたのは「RB☆STRIKE!」の仲谷光太郎さん。「もし競馬をしてなかったら?」と問いかけると「SEですかね」というお答えだったが、実際は競馬ソフトを活用して好成績を収め、さらにソフト開発を仕事にもなされている。

 また「プログラミングできる競馬データ分析ソフト 〜 SuperHorse2」の原知範さんは、もともとは競馬ソフト作りから始まって、今はプログラマを職業とされているそうだ。好きな競馬に打ち込むことが、結果的に「手に職をつける」ことにも繋がるという競馬ソフト開発。既に他の分野でソフトを作っている方は、競馬ソフト開発も行ってさらに腕前を上げつつ、競馬で好成績を目指してみてはいかがだろうか。

懇談会写真16

懇談会写真17

みなさんとの歓談の様子(3)

競馬ソフト作者インタビュー

製品情報

  • JRA-VAN ネクスト
  • JRA-VAN データラボ
  • JRA-VAN スマホアプリ
  • JRA-VAN ケータイサービス

オプション

  • JRAレーシングビュアー