JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

DataLab.(データラボ)第13回 馬王4

「そこで勝つ馬より、長い目で見てプラスになる馬を見つけるのが大切です」荒井俊也
写真[荒井俊也]
東京都出身、50歳。印刷会社勤務のかたわら、X6800用のグラフィックソフト「マチエール」を開発。その後、競馬ソフト「馬王」をリリースし、現在はフリーのソフト作家。写真や囲碁を趣味とし、囲碁は対局用サーバを自宅に設置して公開中。

インタビュー記事 インタビュアー/市丸博司(2008/2)

「コンピュータに予想をやらせたい」という考えがずっとありました

市丸:「競馬をやってみよう」と思われたということは、その時点で既に競馬を楽しまれていたということですよね。競馬を始めたのはいつ頃になりますか? 社会人になってすぐとか…。

荒井:いえ、そんなに古くはないです。89年くらいからで。

市丸:そうするとオグリキャップが走っていた頃ですね。

荒井:そうですね。その後にメジロマックイーンとか。その頃のことは良く覚えているんですよ(笑)。それで、最初はもちろん普通に予想していたのですが、なかなか儲からなくて。それで「コンピュータに予想をやらせたい」、という考えがずっとありましたので、「競馬をやってみよう」となりました。

市丸:その頃のご苦労などはありますか?

荒井:最初は自前でデータベースを用意していたのですけれど、速度が遅い、性能もあまり良くない、と。改良を重ねてゆくうちにだんだんとうまくいくようになって、「馬王」の最初のプロトタイプのようなものができたのは95年くらいだったと思います。

市丸:その後、公開されるわけですね。最初は書籍かなにかで出されていたように記憶していますが…。

荒井:最初はパッケージでしたね。フロッピーディスク4枚組で「マチエール」と同じ会社から発売されていました。これでユーザになってくださった方も結構いらっしゃいます。

市丸:あの頃はネットも遅いですし、メディアもCD-ROMではなくフロッピーディスクでしたよね(笑)。

荒井:それで今のPCでは読めなかったりするのですが(笑)。その後、CD-ROM付属の書籍で出版したあと、ダウンロード版で期間ライセンスという形になって現在に至っています。

荒井さんインタビュー写真

市丸:現在は「馬王4」となってまして、初代から今までどんどん進化していったと思うのですが、そのあたりは?

荒井:最初はAccess(Microsoftのデータベースソフト)の上で動く形でした。それが独立したソフトになって…。あとは、対応OSの変化とか。以前はWindows3.1ですよね。PATも今のIPATではなく、「PAT for Win」という投票用ソフトに対応していましたし、JRA-VANのデータ提供方式も「DataLab.」に変わったり。

市丸:今はデータを自動的に取得できますけれど、昔はファイルをダウンロードして…。

荒井:その前にパソコン通信のダイヤルQ2でデータを取得してましたよね。「秀Term」とか通信ソフトを使って。そういったあたりの環境の変化に対応して、バージョンが上がっていきましたね。

「馬王」の予想では、なにがポイントになっているのでしょう?

このソフトのダウンロードはこちら!

馬王4馬王4

競馬ソフト作者インタビュー

製品情報

  • JRA-VAN ネクスト
  • JRA-VAN データラボ
  • JRA-VAN スマホアプリ
  • JRA-VAN ケータイサービス

オプション

  • JRAレーシングビュアー

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN