JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

DataLab.(データラボ)第11回 競馬新聞サラぶー

「とにかく競馬新聞が見たい、という一心でこのソフトを制作しました」 梶原紀美夫
写真[梶原紀美夫]
大分県出身、56歳。コンピュータとのつきあいは、自作の「ワンボードマイコン」の時代から。自宅の近くで競馬新聞が売っていなかったため、JRA-VANのデータを利用して馬柱を表示する「競馬新聞サラぶー」を開発し、予想に活用する。

インタビュー記事 インタビュアー/市丸博司(2007/12)

テレビ中継があまりなかったのでたんぱラジオを何台も買いました

梶原:インタビューって、なんか緊張しますね(笑)。

市丸:いやいやいや、普段通りでお願いします(笑)。まずはこのソフトを開発されたきっかけなどをお聞かせいただけますか。

梶原:とにかく「競馬新聞が見たい」という一心ですね。今でこそコンビニへ行けば売っていますけれど、以前このあたり(大分県)では競馬新聞は扱ってませんでしたし、スポーツ新聞を見ても馬名や騎手が入っている程度の簡単なものしか載っていませんでしたから。

市丸:それはいつ頃になりますでしょうか。そもそも競馬自体は……?

梶原:競馬を始めたのはシンボリルドルフの頃ですね。翌年(のダービー)がシリウスシンボリで。

市丸:私とだいたい同じくらいですね。そうすると、20代台の頃になりますか?

梶原:ちょうど30になった頃で。馬券も電話投票ですね。ちょっと珍しいものありますよ、テレカなんですが……。

市丸:「福岡電話投票所開設」って、これはずいぶん古いですね。私も実は出身が九州、佐賀なんですけれど、実家に帰るとまわりに競馬をやっている人なんてほとんどいなくて、やっている人でも「新聞が手に入らない」なんて話はよく聞きました。

梶原:新聞もそうですし、テレビ中継も少しだけですよね。メインとその前くらいで。ですから、たんぱラジオは何台も買った記憶がありますし、グリーンチャンネルもかなり前から入ってます。今の「スカパー!」ではなく「DirecTV」の頃で、キャンペーンでタダで入れたのですけれど(笑)。

市丸:私は東京でしたけれど、1レースから買いたい方だったので、グリーンチャンネルが始まったときは嬉しかったですね。そんな中で、どんな感じで競馬は楽しまれていたのでしょうか?

梶原:競馬新聞社のやっているFAX配信サービスを利用していました。ただ、これが確かひと開催で9000円とか、結構値が張ったんですよ。それで、JRA-VANのサービスが始まって「これはやってみよう」、となりました。

梶原さんインタビュー写真

では、ソフト開発はお仕事かなにかでされていたのでしょうか?

このソフトのダウンロードはこちら!

競馬新聞サラぶー競馬新聞サラぶー

競馬ソフト作者インタビュー

製品情報

  • JRA-VAN ネクスト
  • JRA-VAN データラボ
  • JRA-VAN スマホアプリ
  • JRA-VAN ケータイサービス

オプション

  • JRAレーシングビュアー

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN