JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

DataLab.(データラボ)第2回 夢馬券パラダイスDataLab.

「競馬が進歩してゆく渦中に身を置きたい」森戸浩(父っつあん)
写真[森戸浩氏]
東京都出身、競馬歴約7年。公私ともパソコンとは縁のない生活を送っていたが、7年前、競馬を再開した直後に大万馬券を的中して一念発起。パソコンを購入したばかりか、息子の立ち上げたゲーム制作会社にソフト制作を依頼して「夢馬券パラダイスDataLab.」を開発。以来、このソフトを利用して穴馬発掘に精を出す60歳。

インタビュー記事 インタビュアー/市丸博司(2007/4)

ユーザー予想を制作する

ここまで解説してきたとおり、「本誌予想」の総合点上位馬や、「穴馬X、Y」「騎手穴」といった推奨馬だけでも十分に馬券検討に役立つソフトである。これらに加え、「夢馬券パラダイスDataLab.」は利用者自身の考えによって予想ファクターを選択し、レースを予想する機能も備えている。これがメイン画面にある[ユーザー予想の制作]機能だ。

メイン画面で[ユーザー予想の制作]ボタンをクリックすると、ユーザー予想作成画面が表示される。インストール時には「着実績」「確率」の2つが収録されており、画面左にはこれが表示されるが、ここでは新しい「ユーザー予想」を作成してみたい。画面上の[新規作成]をクリックすると、作成するユーザー予想の名前を入力するダイアログが表示されるので、今回は仮に「着差重視予想」とした。

ユーザー予想の作成は、メイン画面の[ユーザー予想の制作]から行う。新たな予想を作成する場合は[新規作成]をクリックし、まず予想の名前を決定する。

入力した名前のユーザー予想が、画面左に登録されるので、これをクリックすると、右にこの予想で利用するファクターの選択画面が表示される。それぞれのファクターをクリックすると、そのファクターによる推奨馬の選択方法の解説を見ることができる。この解説を参考に、利用したいファクターを選択してゆけば作成は終了だ。

作成したユーザー予想で利用したいファクターを選択する画面。ファクターを選択すると、そのファクターの解説が表示されるので、これを参考にして利用したいファクターを選んでゆく。

作成したユーザー予想による予想は、「ソフトの使い方」の冒頭で解説したのと同じ手順で行ってゆく。具体的には、ソフトに収録されている「着実績」「確率」のいずれかを選択した部分で、新たに作成した「着差重視予想」を選べばよい。[予想結果]の表示画面上にあるタブで、[本誌予想]から[ユーザ予想]に切り替えることで、作成した「着差重視予想」に予想結果を確認可能だ。

今回はあくまで機能紹介ということで、単純に「着差」に関わる予想ファクターである「着差A」「着差B」「着差C」のみをピックアップしたのだが、ほんの少し検証しただけでも下の画面にあるような3連単万馬券を的中例を見つけられた。実際に利用する際には、用意された予想ファクターの組み合わせをじっくり考え、その「ユーザー予想」がどんな条件のレースに向いているのか検証してゆくと良いだろう。予想ファクターは全部で9種類。組み合わせや利用する個数などによって幾通りもの「ユーザー予想」が作成できるので、様々なレースの条件にズバリ適した予想の作成に是非とも挑戦してほしい。

ユーザー予想による予想結果の一例。これは4月7日の中山12レースの予想で、レース結果は1→16→2。「着差」のファクター3つを選んで簡単に作った「ユーザー予想」だったが、それでも総合点トップの馬からの流しで3連単1万5930円を的中だ!

このソフトのダウンロードはこちら!

夢馬券パラダイスDataLab.夢馬券パラダイスDataLab.

競馬ソフト作者インタビュー

製品情報

  • JRA-VAN ネクスト
  • JRA-VAN データラボ
  • JRA-VAN スマホアプリ
  • JRA-VAN ケータイサービス

オプション

  • JRAレーシングビュアー

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN