JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

DataLab.(データラボ)第2回 夢馬券パラダイスDataLab.

「競馬が進歩してゆく渦中に身を置きたい」森戸浩(父っつあん)
写真[森戸浩氏]
東京都出身、競馬歴約7年。公私ともパソコンとは縁のない生活を送っていたが、7年前、競馬を再開した直後に大万馬券を的中して一念発起。パソコンを購入したばかりか、息子の立ち上げたゲーム制作会社にソフト制作を依頼して「夢馬券パラダイスDataLab.」を開発。以来、このソフトを利用して穴馬発掘に精を出す60歳。

インタビュー記事 インタビュアー/市丸博司(2007/4)

53歳にしてパソコンをはじめる!

市丸:プロフィールを拝見すると昭和22年生まれとのことで、私どもの大先輩になるわけですが、競馬とのつきあいもやはりかなり長いのでしょうか?

森戸:若い頃に少しかじっていましたが、本格的に競馬を始めたのは2000年からです。その間は競輪などを中心にやっていました。昔の競馬は枠連しかなくて、どうしても安い配当が多かったですが、競輪には連単がありましたから。

市丸:穴党でいらっしゃる、ということですね。2000年に復帰というと、馬連は……。

森戸:ええ、もう発売されていました。馬連があるから競馬に舞い戻ってきたようなもので。もう配当だけ、欲だけです(笑)。

市丸:いやいや(笑)。しかし、そもそも穴狙いなったきっかけのようなものはあったのでしょうか。

森戸:元々から穴志向なんです。最初は会社の部下の言うとおりに買っていたのですが、これがまったく当たらない(笑)。しばらくして「自分で買ってみるか」ということで、買ったレースがファーストアモンが勝った京成杯(昭和54年)。ビギナーズラックとでも言いますか、これが30倍少々つきまして(枠連3770円)、その頃から穴ばかり買っていました。

市丸:パソコンと競馬予想が結びついたのはいつのことですか?

森戸:再開した直後に馬連で800倍を超える馬券を獲ることができたんです。当時はパソコンのパの字すらダメで、会社でもまったく使っていなかったのですが、「この配当でパソコンが買えるぞ」「パソコンで分析すれば競馬はなんとかなるんじゃないか」と(笑)。2000年ですから、53歳のときですね。

市丸:53歳ですか、それは素晴らしい! ただ、そういった発想を実現するためには難関がありますよね。予想の過程をいかにして数字に置き換えるか、とか。

森戸:初に競馬に触れた頃に、多くのデータを掲載した競馬新聞を見て衝撃を受けた経験があったので、数字には抵抗がなかったですね。それで、その年にソフトを作ったわけですが、ここにいろいろと誤解がありまして……。

パソコンを買えばソフトを作れるというものでもないですよね?

このソフトのダウンロードはこちら!

夢馬券パラダイスDataLab.夢馬券パラダイスDataLab.

競馬ソフト作者インタビュー

1ヶ月無料お試し! 今すぐ会員登録

トライアルキット(DVD)プレゼント

DataLab.(データラボ)会員とは

DataLab.(データラボ)

  • 競馬ソフト一覧
  • 競馬ソフト的中比較(星取表)
  • 料金案内・支払い方法
  • データラボ会員とは
  • データの詳細仕様
  • ご利用までの手順
  • JV-Linkのインストール
  • 競馬ソフト作者インタビュー
  • 各種手続き(申込み・利用停止など)
  • よくある質問・お問い合わせ

競馬ソフトを開発したい方

TARGET frontier JV データラボ会員に人気No.1!

JRA-VANのケータイサービス データラボ会員の方は無料!!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN