JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

DataLab.(データラボ) 会員サービスSidの設定方法

JRA-VANへ競馬ソフトを登録するには、JV-LinkのJVInitメソッドにてSid(ソフトウェアID)を設定する必要があります。 JRA-VANではここで設定されたSidを元にJRA-VANサーバで各競馬ソフトのアクセス数をカウント・集計しており、ソフトウェア利用状況照会や特典キーの発行、報奨制度等に利用しています。

ソフトウェアIDの入手

初めてJRA−VANに登録する競馬ソフトはソフトウェアIDを入手する必要があります。
作者登録が完了している方であれば、ソフトウェア登録時用のソフトウェアIDが常に次回分のものが発行されています。ソフトウェアIDは「競馬ソフト登録」のコーナーで確認することができます。

  • ソフトウェアIDは常に次回分しか用意されていません。ですので2つ以上の競馬ソフトを同時に申請することはできません。競馬ソフトの申請が完了後、新たにまた次回分のソフトウェアIDが発行されます。(2つ以上の新規ソフトがある場合は順番にご申請ください。)

Sidの設定

Sidには以下の4つの項目を設定します。

Ex:馬吉の場合

  • 作者ID(必須8桁)SAxxxxxx
  • ソフトウェアID(必須8桁)SDxxxxxx
  • ソフト名(任意)Umakichi
  • バージョン(任意)Ver.5.1.7

この4項目を結合して以下のような文字列を作りJV-LinkのJV-initメソッドにて設定します。

Ex:Sid

SAxxxxxx/SDxxxxxx/Umakichi/Ver.5.1.7

Ex:ソースコード

SID = "SAxxxxxx/SDxxxxxx/Umakichi/Ver.5.1.7"

JVlink.axJVLink.JVInit(SID)

注意事項

  • ソフト名は、ソフト作者様自身が任意に設定できます。
    (正式名称でなくとも構いません。なるべく元の競馬ソフト名が連想できるようわかりやすいネーミングをお願いします。)
  • バージョンは、競馬ソフトのバージョン番号を表す。これについてもソフト作者が自由につけることができる。
    (ソフトウェア利用状況照会でのバージョン毎の表示に利用します。)
  • 作者ID、ソフトID、ソフト名、バージョンはそれぞれ「/(スラッシュ)」で区切って結合します。
  • そのためソフト名およびバージョンには「/」を利用できません。
  • またソフト名およびバージョンには全角文字を利用できません。
  • ソフト名およびバージョンに使用する文字は、半角英数字および「_(アンダースコア)」「.(ピリオド)」とします。
  • ソフト名とバージョンは、合わせて45byte以内にしてください。
  • ソフト名とバージョンには必ず適当な文字を入力する。(未記入にしてはいけない)

1ヶ月無料お試し! 今すぐ会員登録

トライアルキット(DVD)プレゼント

DataLab.(データラボ)会員とは

ソフト開発者向け

  • システム概要
  • ソフトウェア開発キット(SDK)提供コーナー
  • プログラミングパーツ・開発支援ツール提供コーナー
  • 競馬ソフト開発体験教室
  • ソフト登録の流れ
  • 各種手続き・確認(作者サポート)
  • 開発者メーリングリスト
  • よくある質問
  • JV-Dataの使い方あれこれ
  • JV-Link質問箱
  • プログラミング質問広場

TARGET frontier JV データラボ会員に人気No.1!

JRA-VANのケータイサービス データラボ会員の方は無料!!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN