凱旋門賞の過去

 

●第一次世界大戦の勝利を記念して創設

 ヨーロッパは近代競馬の発祥の地。中でもサラブレッドの母国であるイギリスと、凱旋門賞が行われるフランスは伝統と格式が備わった競馬大国。ヨーロッパのみならず世界競馬の中心として今もなお、その存在を誇示している。
 フランスで競馬が始まったのは18世紀。イギリスからサラブレッドが輸入され、英国式競馬が開催されたのが始まりだ。1789年にフランス革命で中断になったものの、1833年にフランス馬種改良協会が誕生し、馬種改良が進行。1857年にはロンシャン競馬場を建設、1863年には当時国内最高のレースとしてパリ大賞典(芝3000m)が創設されるなど、着々とフランス競馬の基盤作りが進んだ。しかし、この頃、凱旋門賞の姿はまだない。
 転機が訪れたのは、第一次世界大戦。当然ながら競馬の開催は中止となったが、第一次世界大戦が終結後、フランスの勝戦を記念して1920年に創設されたのが凱旋門賞だった。
 場所はロンシャン競馬場。毎年10月の第一日曜日に行われる芝2400mの国際競走として誕生した。かつてのパリ大賞典に匹敵するビッグレースとして作られた同レースは、戦時に衰退したフランス競馬の復興を目指すという意味も込められていた。

 

記念すべき第1回の凱旋門賞は、イギリスからの遠征馬カムラッドに優勝をさらわれるが、第2回でフランスのクサールが優勝。地元の意地を見せた。第二次世界大戦により一時(1939年と1940年)中止を余儀なくされたものの、当初の目標通り、凱旋門賞は世界中のホースマンが憧れる世界最高峰のレースとして歴史を重ねていった。同レースを勝つことは最高の名誉であり、世界最強馬として認められること。凱旋門賞の勝ち馬が、インターナショナルクラシフィケーションのロングのカテゴリーでトップと評価されるのは、今では当たり前のようになっている。

 また、凱旋門賞の勝ち馬は、次世代に残す優秀な種牡馬・繁殖馬としての価値も当然ながら高まる。1955年と1956年に同レースの連覇を果たし、16戦16勝という競走成績を残した伝説の名馬リボーの血は、日本競馬においても大きな影響を残した。1971年の優勝馬ミルリーフ、1977年と1978年に連覇を果たしたアレッジドなど、直接日本でけい養されたわけではないが、その血を持った馬たちなくして近代日本競馬は語れない。
 そして、1980年台に入ると、伝説の最強馬ダンシングブレーヴ(1986年)、ジャパンCにも来日したトニービン(1988年)、キャロルハウス(1989年)が、日本で種牡馬入り。その後も母(デトロワ)仔制覇を果たしたカーネギー(1994年)、奇跡の名馬と呼ばれたラムタラ(1995年)、日本でもおなじみのフランスのトップジョッキーオリビエ・ペリエが手綱を取ったエリシオ(1996年)が日本で産駒を輩出した。

●過去の凱旋門賞馬(第二次世界大戦以降)
優勝馬 性齢 所属 タイム 騎手
1945年 24 ニケロラ 牡3 2.34.82 W.ジョンストン
1946年 25 カラカラ 牡4 2.33.32 C.エリオット
1947年 26 ルパイヨン 牡5 2.33.42 F.ロケッティ
1948年 27 ミゴリ 牡4 2.31.60 C.スマーク
1949年 28 コロネーション 牝4 2.33.22 R.ポワンスレ
1950年 29 タンティエーム 牡3 2.34.22 J.ドワイヤベール
1951年 30 タンティエーム 牡4 2.32.84 J.ドワイヤベール
1952年 31 ヌッチョ 牡4 2.39.84 R.ポワンスレ
1953年 32 ラソレニーナ 牝3 2.31.82 M.ラローン
1954年 33 シカボーイ 牡3 2.36.34 W.ジョンストン
1955年 34 リボー 牡3 2.35.68 E.カミーチ
1956年 35 リボー 牡4 2.34.76 E.カミーチ
1957年 36 オロソ 牡4 2.33.42 S.ブーランチェ
1958年 37 バリモス 牡4 2.37.91 A.ブリーズリー
1959年 38 セントクレスピン 牡3 2.33.30 G.ムーア
1960年 39 ピュイッサンシェフ 牡3 2.43.96 M.ガルシア
1961年 40 モルヴェド 牡3 2.38.44 E.カミーチ
1962年 41 ソルティコフ 牡3 2.30.94 M.デパルマ
1963年 42 エクスビュリ 牡4 2.34.98 J.ドフォルジュ
1964年 43 プリンスロイヤル 牡3 2.35.50 R.ポワンスレ
1965年 44 シーバード 牡3 2.35.52 T.グレノン
1966年 45 ボンモー 牡3 2.39.8 F.ヘッド
1967年 46 トピオ 牡3 2.38.2 W.パイアーズ
1968年 47 ヴェイグリーノーブル 牡3 2.35.2 W.ウィリアムソン
1969年 48 レヴモス 牡4 2.29.0 W.ウィリアムソン
1970年 49 ササフラ 牡3 2.29.7 Y.サンマルタン
1971年 50 ミルリーフ 牡3 2.28.3 G.ルイス
1972年 51 サンサン 牝3 2.28.3 F.ヘッド
1973年 52 ラインゴールド 牡4 2.35.8 L.ピゴット
1974年 53 アレフランス 牝4 2.36.9 Y.サンマルタン
1975年 54 スターアピール 牡5 2.33.6 G.スターキー
1976年 55 イヴァンジカ 牝4 2.39.4 F.ヘッド
1977年 56 アレッジド 牡3 2.30.6 L.ピゴット
1978年 57 アレッジド 牡4 2.36.5 L.ピゴット
1979年 58 スリートロイカス 牝3 2.28.9 F.ヘッド
1980年 59 デトロワ 牝3 2.28.0 P.エデリー
1981年 60 ゴールドリヴァー 牝4 2.35.2 G.ムーア
1982年 61 アキーダ 牝3 2.37.0 Y.サンマルタン
1983年 62 オールアロング 牝4 2.28.1 W.スウィンバーン
1984年 63 サガス 牡4 2.39.1 E.サンマルタン
1985年 64 レインボークエスト 牡4 2.29.5 P.エデリー
1986年 65 ダンシングブレーヴ 牡3 2.27.7 P.エデリー
1987年 66 トランポリーノ 牡3 2.26.3 P.エデリー
1988年 67 トニービン 牡5 2.37.3 J.リード
1989年 68 キャロルハウス 牡4 2.30.8 M.キネーン
1990年 69 ソーマレズ 牡3 2.29.8 G.モッセ
1991年 70 スワーヴダンサー 牡3 2.31.4 C.アスムッセン
1992年 71 シュボティカ 牡4 2.39.0 T.ジャルネ
1993年 72 アーバンシー 牝4 2.37.9 E.サンマルタン
1994年 73 カーネギー 牡3 2.31.1 T.ジャルネ
1995年 74 ラムタラ 牡3 UAE 2.31.8 L.デットーリ
1996年 75 エリシオ 牡3 2.29.9 O.ペリエ
1997年 76 パントルセレブル 牡3 2.24.6 O.ペリエ
1998年 77 サガミックス 牡3 UAE 2.34.5 O.ペリエ
1999年 78 モンジュー 牡3 2.38.5 M.キネーン
2000年 79 シンダー 牡3 2.25.8 J.ムルタ
2001年 80 サキー 牡3 UAE 2.36.1 L.デットーリ
2002年 81 マリエンバード 牡5 UAE 2.26.7 L.デットーリ
2003年 82 ダラカニ 牡3 2.32.3 C.スミヨン
2004年 83 バコ 牡3 2.25.0 T.ジレ
2005年 84 ハリケーンラン 牡3 2.27.4 K.ファロン

page topへ  HOMEへ

 
HOME
凱旋門賞の過去
凱旋門賞の現在

歴代優勝馬

86年ダンシングブレーヴ
88年トニービン
95年ラムタラ
96年エリシオ
05年ハリケーンラン

 

ß