ロンシャン競馬場の特徴

 

●京都競馬場に似た右回りの芝コース

 フランス・パリのブローニュの森にあるロンシャン競馬場は、優雅で高貴な雰囲気を持つ世界で指折りの競馬場。特に凱旋門賞が行われる毎年10月第一日曜日は、仏グランクリテリウム(2歳牡牝・芝1400m)、マルセルブーサック賞(2歳牝・芝1600m)、オペラ賞(3歳以上牝・芝2000m)、アベイユドロンシャン賞(2歳以上・芝1000m)、カドラン賞(4歳以上・芝4000m)と、合計6つものG1競走が行われる。

 コースは右回りの芝。外回りコース約2750m、中回りコース約2500m、内回りコース約2100mで構成されており、向正面は一直線だけで1000mのコースが取れる。正面スタンド前の直線は約600m。日本では見ることができない壮大なスケールの競馬場で数々のビッグレースが行われる。

 凱旋門賞のスタート地点は、1〜2コーナーの外にあるポケット。スタートして400mは、ほぼ平坦。そこから300mで7mを上る上り坂、さらに残り1400m地点(3コーナー)までに3m上る。頂上までの高低差は約10m。日本で最も高低差がある京都競馬場や中山競馬場ですら約4mであり、経験がない日本馬にとってはかなり厳しい勾配と言える。頂上からは下り坂。3〜4コーナーの中間から直線入り口までは、一見直線のような緩いカーブになっている。坂を下り終えて、ゴールまでの約530mのホームストレッチは、ほぼ平坦コースになっている。最後の直線は十分に距離があるが、凱旋門賞の舞台で大外一気のようなレースは非常に難しい。直線はできるだけ外に行かず、馬群を割ってインコースを強襲するのがセオリー。近年の凱旋門賞を見ていると、そのような進路を取った馬の好走が目立っている。

 3コーナーに坂の頂上があるコースという意味では、ロンシャン競馬場は京都競馬場に似ている。ロンシャンの芝2400mは、京都芝1800mのようなコース形態だ。しかも、起伏が激しいことで有名なヨーロッパの競馬場の中では、ロンシャンはマシな方。京都競馬場で大変強いパフォーマンスを見せるディープインパクトにとっては、比較的対応しやすいかもしれない。しかし、コースの路盤や芝の長さ・質は日本とは別物。全体的に非常に走破時計がかかり、スタミナを要する。近2年は25秒、27秒台と、速い時計で決着しているが、今年はどうなるかわからない。仮に道悪にでもなってしまったら大ピンチ。いずれにせよ、日本のレースでは経験したことがない相当な消耗を強いられるはずだ。

page topへ  HOMEへ

 
HOME
ロンシャン競馬場の特徴
ハーツクライの活躍
今年の凱旋門賞勢力図
ディープインパクトの挑戦
出走予定馬プロフィール

 

ß